TOPページ » 文例集図鑑TOP » 就職の祝賀状(卒業祝いを兼ねる)

就職の祝賀状(卒業祝いを兼ねる)

就職の祝賀状(卒業祝いを兼ねる)

卒業、就職の祝賀状のテンプレートとしてご利用ください。

就職祝いと卒業祝いを兼ねる祝賀状です。入社した会社で学校の経験が活かせるという表現にすることが求められます。

ビジネス文書には前文⇒主文⇒末文という「型」があります。

★前文★
前文は①時候の挨拶②頭語③安否の挨拶④感謝の挨拶からなります。

①時候の挨拶
○○の候といったものです。これは月ごとに異なりますので、文書の日付に合わせて調整する必要があります。
時候の挨拶一覧はこちら

②頭語
拝啓や謹啓などのように手紙の冒頭に書くものです。幾つかの種類がありますが、シチュエーションによって使い分ける必要があります。
頭語の一覧はこちら

③安否の挨拶
「貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます」といった相手を気遣う挨拶を入れます。
安否の挨拶一覧はこちら

④感謝の挨拶
安否の挨拶の後に、「平素は格別のご高配にあずかり、誠にありがとうございます」などといった感謝の気持ちを伝える挨拶を入れます。
感謝の挨拶一覧はこちら

★末文★
末文は①結びの挨拶②結語からなります。

①結びの挨拶
「まずは書中をもってご挨拶申し上げます」等といった挨拶を入れます。
結びの挨拶一覧はこちら

②結語
頭語を書いた場合、結語をワンセットでつけなければなりません。結語は頭語によって決まってある程度決まってきます。
結語一覧はこちら

ファイル形式:Word(.doc)

ダウンロード

文例集全体から検索する

リストに無い会社の登録はこちら!
新規企業登録
top