TOPページ » 文例集図鑑TOP » 古希・喜寿・傘寿・米寿の祝賀状(恩人・上司向け)

古希・喜寿・傘寿・米寿の祝賀状(恩人・上司向け)

古希・喜寿・傘寿・米寿の祝賀状(恩人・上司向け)

古希、喜寿、傘寿、卒寿、白寿の祝賀状のテンプレートとしてご利用ください。

恩人や上司など少しかしこまった相手に対して贈るものです。古希の70歳、喜寿の77歳、傘寿の80歳、米寿の88歳、卒寿の90歳と色々なものがありますが、すべてこの文例を基本として変化させることで対応できます。

ビジネス文書には前文⇒主文⇒末文という「型」があります。

★前文★

①時候の挨拶
○○の候といったものです。これは月ごとに異なりますので、文書の日付に合わせて調整する必要があります。
時候の挨拶一覧はこちら

②頭語
拝啓や謹啓などのように手紙の冒頭に書くものです。幾つかの種類がありますが、シチュエーションによって使い分ける必要があります。
頭語の一覧はこちら


★末文★
末文は①結びの挨拶②結語からなります。

①結びの挨拶
「まずは書中をもってご挨拶申し上げます」等といった挨拶を入れます。
結びの挨拶一覧はこちら

②結語
頭語を書いた場合、結語をワンセットでつけなければなりません。結語は頭語によって決まってある程度決まってきます。
結語一覧はこちら

ファイル形式:Word(.doc)

ダウンロード

文例集全体から検索する

リストに無い会社の登録はこちら!
新規企業登録
top