TOPページ » 文例集図鑑TOP » 類似商号使用禁止請求の内容証明

類似商号使用禁止請求の内容証明

類似商号使用禁止請求の内容証明

類似商号使用禁止請求を行う内容証明のテンプレートとしてご利用ください。

会社法では不正の目的をもって他の会社と誤認される商号を使用することを禁じています。
この文例では近い住所で似た社名、ロゴまで似通ったデザインを使用されたときに対応するときに使用します。

不正競争防止法

会社法以外にも、商号の不正利用を防止するには不正競争防止法があります。この法では、他人の商品等表示と同一または類似の商品等表示を使用して他人の商品または営業と混同を生じさせる行為を禁止しています。罰則行為もありますので、こちらを使用した内容証明でも構いません。



ご使用の際の注意点

・印刷する用紙はコピー用紙、便箋、原稿どれでもかまいません。A4サイズで文例を作成しておりますので、それに合わせた用紙をご用意ください。なお、封筒のサイズも自由です。

縦書き、横書きどちらでも構いませんが、見る機会の減った縦書きを使用することでより強い印象を与えられるものと思います。

・内容証明は文字数が規定されております。縦書きの場合は一行当たり20文字×一枚当たり26行までとされています。文例はその基準で作成しておりますので、改変される際にはご留意ください。

・内容証明は全部で3通作成してください。1つは相手に送る、1つは郵便局が保管、1つが自身が保管するものです。

・内容証明が複数ページにわたる場合、ホッチキスやのりでまとめてください。この際、契印を押してください。

・内容証明には何も同封しないでください。

ファイル形式:Word(.docx)

ダウンロード

文例集全体から検索する

リストに無い会社の登録はこちら!
新規企業登録
top