TOPページ » 文例集図鑑TOP » 借金の請求を行う内容証明

借金の請求を行う内容証明

借金の請求を行う内容証明

借金の未払いに対する請求、催告書の内容証明のテンプレートとしてご利用ください。

貸し付けを行ったものの、返済がなされなかったときに使用する文例です。この文例では弁済(返済日)期日を定めた金銭消費貸借契約を結んだ時を想定しています。

時効の援用に対する内容証明郵便の効果

このような文例を使って内容証明郵便を送ることで貸し手側は民法上の催告を行ったとみなされます。



ご使用の際の注意点

・印刷する用紙はコピー用紙、便箋、原稿どれでもかまいません。A4サイズで文例を作成しておりますので、それに合わせた用紙をご用意ください。なお、封筒のサイズも自由です。

縦書き、横書きどちらでも構いませんが、見る機会の減った縦書きを使用することでより強い印象を与えられるものと思います。

・内容証明は文字数が規定されております。縦書きの場合は一行当たり20文字×一枚当たり26行までとされています。文例はその基準で作成しておりますので、改変される際にはご留意ください。

・内容証明は全部で3通作成してください。1つは相手に送る、1つは郵便局が保管、1つが自身が保管するものです。

・内容証明が複数ページにわたる場合、ホッチキスやのりでまとめてください。この際、契印を押してください。

・内容証明には何も同封しないでください。

ファイル形式:Word(.docx)

ダウンロード

文例集全体から検索する

リストに無い会社の登録はこちら!
新規企業登録
top