TOPページ » 文例集図鑑TOP » 見計らいでの注文状

見計らいでの注文状

見計らいでの注文状

見計らいでの注文状のテンプレートとしてご利用ください。

見計らいとは相手側に商品の選定をゆだねるものです。この文例では福袋の中身を相手側に委ねるもので、注文数量と仕入れ価格の指定をすることで相手が自由に商品を選定することが出来ます。 信頼関係があるところであれば、このような形での注文のほうが実用的です。

ビジネス文書には前文⇒主文⇒末文という「型」があります。

★前文★

①時候の挨拶
○○の候といったものです。これは月ごとに異なりますので、文書の日付に合わせて調整する必要があります。
時候の挨拶一覧はこちら


★末文★
末文は①結びの挨拶②結語からなります。

①結びの挨拶
「まずは書中をもってご挨拶申し上げます」等といった挨拶を入れます。
結びの挨拶一覧はこちら

②結語
頭語を書いた場合、結語をワンセットでつけなければなりません。結語は頭語によって決まってある程度決まってきます。
結語一覧はこちら

ファイル形式:Word(.doc)

ダウンロード

文例集全体から検索する

リストに無い会社の登録はこちら!
新規企業登録
top